ブリキのようにゆっくり車情報をお伝えします。

車の相場が落ちるとき

車の相場が落ちるときってどのようなときだと思いますか?
答えから言いますと、型落ちとなったときです。

ほとんどの人は新しいものが好きですよね。
古いものには興味がないですし、常に最先端をいきたい。
って人が多いのではないでしょうか?
もちろん古いものが好きって方もいらっしゃるでしょうが、
車に限っては、新しいものが好きって方が非常に多いですね。

ですので、モデルチェンジやマイナーチェンジを行って型落ちとなったくるまは、
相場がガクっと下落していきます。

ほとんど人がそっちに集中しますので、
型落ちとなったくるまは需要が少なくなってしまうんですね。
そして新しい型に乗り換える人もかなり多いですから、
供給が一気に増加します。

これも相場下落する原因となっています。

特にセダンはこのような下落の印象が強いですね。
クラウンなんかがいい例です。

1つ型が落ちると中古相場も半額。
なんてことはざらにあります。

ですので、車を売却する時期はよく考えないといけません。
とはいうものの、型落ちになる前に売れってのが無理がありますよね。

一体何年に1回買い換えればいいんだ!
ってことになってしまいますんで。

まあ極まれにマイナー・モデルチェンジ後にかなり時間が経過してから、
相場が上がることもありますので、
マイナー・モデルチェンジ直後ではなく、
少し時間が経過してから売却することをすすめます。

売却ならこちらのサイトから
【大阪 車買取】大阪府内で高く車を売りたいならここ!

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 車の相場が落ちるとき

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://shguhsl.com/mt-tb.cgi/4

コメントする

車関連サイト
アルファード 買取